上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
さて、忌々しい思い出しかないバレンシア市街地でのレース。
いえいえこんなとこ始めて見ますよ、と思い込む。

*レース1

例のごとくパンターノがP.Pで始まります。

画面はスターティンググリッドと周辺、ピケ子が映る
来年戻るかもだし見とかなきゃダメだよね!

上空では水滴が…しかしこの後はよく晴れました。

で、初っ端から、しおはらの実況がウザいのが気になります
もーマニキュア剥がれてるーとか、通販カタログ見てチェックワンピ欲しーとかでなんとかやり過ごす。

やっとスタートし、さっそく日本の星(は?)カムイがさくっとクラッシュで消える
ついでに山本左近も見当たらないと思ったら、なんかウィングとれたみたいでピットに。

カムイらのクラッシュでSC(セーフティーカー)突入。

あ、マイク・コンウェイがピットだ。
彼はキミのF3チームRaikonnen Robertson Racingの元ドライバー。
BF3ではチャンピオンに、マカオGPでは優勝に輝き、GP2に昇格するも成績はぼちぼち。
ちなみにルカッピ同様、F1ホンダのテストドライバー。

SCは抜けるもなんの展開もないので、ブルーノ・セナ話で盛り上がるおぐたんとしおはら。
スタートよりは順位を上げるもまだ5番手、それでもやたら映るセナ子
トップなのに全然映らないおっさnパンターノとはえらい違い。
ネームバリューって偉大です。

あーそういえば実はこのパンターノとキミは同い年。 でもキミは若く見える。
精神年齢の違いでしょうか。

で、パンターノは快調にトップ独走、FLも出しちゃいます。

そこでしおはらがオンボード映像などとぬかすがバックボード映像です。
もう嫌だコイツ!

バレンシア、スペインでペトロフが2位走行中もあって、カンポス、アロンソ話で盛り上がる実況解説。
まさか次の日にF1にて二世日本人ドライバーがその眉毛様を撃墜するとは知らないで。

その後、ルカッピがチャンドックをあっさり抜いた後、チャンドックピットイン。
しかし無理やり出て行こうとしてピットロードでソチェックとあやうくぶつかりそうに。
本当にソチェックが避けなければぶつかってた。
そして次の周回でペナルティーが出るGP2.
F1スチュワードにはこの下位レースの裁定の素早さを見習えと言いたい。

ほとんどがピットストップを終え、レースは膠着状態。

至る所でバトルもどきは起こるも、抜けない。
狭くて抜けないサーキット、バレンシア!
コンクリートの質が悪いぞ、バレンシア!
でも上空から見ると美しいウォーターフロント、バレンシア!


チャンドックがヌメスを抜いたーってなってた裏で、ピケスポーツのツーバールがスピンしクラッシュ。

ピケスポ陣営が映り、ピケ子も見守る。

ちなみにこの場所、
レース2でもピケスポーツのマルドナードも、
F1にてピケ子もクラッシュでリタイヤ。

ピケリタイヤとか名づけたらいいよ!

公道のスペシャリストらしいマルドナードがグロジャンを抜き、好調にFLも出すも、レースの方はまた膠着。

その間セナ子はやたら映るが、かなりいい調子で走っているらしいペトロフは、単独走行なため全く映らず気の毒がられる。

しかしファイナルラップでドラマが!

後何百m?ってとこでパンターノがスローに。
ペトロフは簡単にトップへ。

まさかこれは、若者に勝たしてF1昇格者を出したいGP2トップ陣の陰謀か!?

と思ったら、セナ子もスロー、ってか他にも止まる止まる。

実はガス欠だったらしく、初開催でデータ不足だったため、攻めすぎるとタンクいっぱいに積んでも足りんかったらしい。
ソレってどうなん? 残念だったね! ですましていいものなんか…。

*レース2

なんと何気にレース1で8位だったというルカッピが先頭でスタート。

始まってすぐソチェックと争っていたマルドナードがピケリタイヤにごちっとぶつかる。
なんかまぬけにごちっと。

その後イエローが出て、何ー?ってなったら、ピットストップのないはずのレース2で、ピット入口というすごいところで二台がクラッシュ。

そこで付け加えてサコンがスローに映像。
この人途中から参戦ですがほんとにこういうのが多い。
こういうのがないと映らないけど。

そのころトップ争いは、ルカッピとグロジャン。
ルカッピは今にも抜かされそう。
でもグロジャンのせいでARTグランプリを出て行ったルカッピとしては抜かされたくないところか。

けれども後ろからディ・グラッシも続く。

そんなとき、セナ子が単独スピンでクラッシュ。
セナ子は今回ええとこなし。
セナ信者も取り巻きどももがっかりです。

あいかわらず三列縦隊なルカッピ、グロジャン、ディ・グラッシ。

しかし残り12周でとうとう抜かされるルカッピ。
抜かれてあせったのか、ルカッピがグロジャンを押し出して、グロジャンピケクラッシュに激突。
リタイヤで車を降りるグロジャン。
非常に怒ってます。

ところでディ・グラッシが漁夫の利でトップに。

ルカッピは2位で留まったため、グロジャンさらに怒ってます。

その後、アスマーがある意味見事にど真ん中で止まり、SCが突入。

そこでリプレイ。
グロジャンぶちきれシーン再び。
マーシャルさんに抑えられるも思いっきりキレるグロジャン。
そのあとはもう誰も近寄れません。

レースはSCが抜け、ルカッピはディ・グラッシに置いてけぼりをくらい、グロジャン撃墜のダメージがあるのか遅い。
よってルカッピレーシングスクール開校。

中段勢はなんかぐちゃぐちゃとバトルをしていて、めんどくさい何がどうなったかもうわからない。
この狭さでスリーワイドとかやろうとするコイツラには感服です。
F1より突っ込んじゃえポイントが明らかに無謀です。

その後上位に変動はなくディ・グラッシがトップでチェッカー。

喜ぶカンポスクルーは輪になってぴょんぴょん。
なんて可愛いおじさんたちvvv

ルカッピは結局2位フィニッシュでグロジャンには殴られないことを祈ります。

というわけで、終始しおはらウザいはともかく、セナ子ノーポイントというチャンピオン争いではパンターノが有利な展開でバレンシアは終了。

次回はスパだけど、結果はもう知ってるんで、F1でのスパを思い出さないように見ない方が賢明かもとか思ったり…。
スパって聞いただけで壁叩きたくなるし。
雨さえ、雨さえ来なけりゃ…。


ところで、ラクエルちゃん(ナノ妻)のCDを聞いていて、悲しいことに気がつきました。
今年はもうナノがFIAのGALAに出ることは絶対ありません。
つまりドレスアップラクエルちゃんが見れない><
キミもクビサを抜かなきゃダメです。このままでは、
ドレスアップジェンニちゃん(キミ妻)が見れない><
なんてことでしょうっ!!!

だんなより綺麗で可愛い奥様が見たいあたし。
スポンサーサイト
2008.10.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://chatterbox555.blog85.fc2.com/tb.php/35-42991cf4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。