上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
6.3.2011 - Ford stretches world championship lead at Rally Mexico
今日Ford Abu Dhabi World Rally Teamはラリー・メキシコにおいて二つの表彰台を獲得し、FIA世界ラリー選手権のマニファクチャラーズとドライバーズの両方でリードを広げた。 ミッコ・ヒルボネンとヤルモ・レーティネンは新しいフォードフィエスタ RS WRCのグラベルデビュー戦をチームメイトのヤリ-マティ・ラトバラとミッカ・アンティラの45.5秒前である総合2位で終えた。

この結果は、フォード・アブダビがマニファクチャラーズ選手権で13イベント中の2戦後に26ポイントまでリードを広げたことを意味する。 ヒルボネン(先月開催された第1戦スウェーデンの勝者)はドライバーズ選手権でその差を9ポイントに広げた。彼は、最終のPower Stageで勝利することによって最大のボーナスポイントを獲得し、メキシコでの合計得点を増やした。またラトバラも順位表で3番手に上がった。

シーズン最初の土イベントには苦しめられた。メキシコ市内から北西に400km行ったレオン近郊のSierra de Lobos山の険しい道は、気温33度と相まって、選手たちに大変なダメージをもたらした。 わずかなドライバーしか技術的問題を回避できなかった。しかしヒルボネンとラトバラが乗るフィエスタ RS WRCは4日間で合計3つのパンクが唯一の問題であり無事完走を果たした。

選手らは4日間で合計364.97kmにもなる22ステージに挑んだ。それは高地での挑戦で、ステージは標高2700m以上になり、より厳しかった。そして、より薄い空気は車から標準より最大20%のパワーを奪い、異なったアプローチでの運転を必要とした。

ヒルボネンは序盤ゆるい砂利によって出来た重たい路面を掃除し、最初の道を開いていかなければいけないという不利があった。それは後続のために綺麗でより速く走れるラインを残し、彼はその日(Day2のこと)3番手で終えた。そしてセバスチャン・オジェが今朝首位からクラッシュアウトした結果、30歳のフィンランド人は昨日ポジションを固めていたおかげで2位を獲得した。

「特に金曜日における僕らの出走順の不利を考えたら、これは選手権を見通して凄く良い結果だよね。」と彼は言った。 「僕は困難な昨シーズンを終えて、自分の一貫性を再発見したと感じてるんだ。そして、それはタイトル獲得への挑戦のスタートにおいてとても重要だよ。 僕はPower Stageで走る路面についてよく知っていたし、そこでのボーナスポイントが大きな後押しとなることがわかっていたんだ。」

「僕にはこのラリーの前にフィエスタでいくつかの部品を完全にする機会がなかったんだ。だから僕らはポルトガルでそこでの次のラリー前にテストをするのを楽しみにしてるんだ。僕らにはまだ車を改良すべき所があるけど、今シーズンにおいて非常に歓迎すべき始まりだよ。」と彼は加えた。

ラトバラは初日パンクした左リアタイヤ交換のために停止し2分を失った後に、最終的には表彰台に上がることによって名誉挽回した。 タイムロスは彼を9番手まで落としたが、最終日には4番手に復帰した。昨日起きた2度目のパンクにはそれほど代償はないとわかっており、25歳のフィンランド人は今朝3番手に昇進するまで、4位で満足していた。

彼は「2回もパンクした後に表彰台に上がるのは、僕が想像した以上の結果だよ。」と認めた。「ラリーが進むにつれ、僕らのペースは向上したよ。それにフィエスタ RS WRCは週末を通して良い感じだった。僕は今回全てのステージで同じセットアップを使用したんだ。僕らの車で最初のグラベルラリーのハンドリングには満足だったよ。 だけど僕らにはまだ改良の余地があるんだ。それが次戦ポルトガル前にやるべき僕の課題だよ。」

フォードアブダビのチーム監督マルコム・ウィルソンは'夢のようなフィニッシュ'と結果を記した。「私たちは今週末が厳しい戦いになることを知っていました。マニファクチャラーズとドライバーズ両方の選手権で差を広げたまま、メキシコを去ることができるなんて完璧です。」 チームは私たちの車のセットアップに関してたくさん学び、私たちは今後のグラベル戦の前により向上するために次のテストを利用するつもりです。」と彼は言った。

欧州フォードのモータースポーツチーフであるジェラルド・クインは次のように述べた。 「スウェーデンでの勝利の後、メキシコで表彰台に戻ってくることは簡単なことではありませんでした。前戦での勝利は、私たちの車が先頭スタートであり、初日に私たちが後続の競争相手らのために路面の掃除役として貴重な時間を費やすことを意味しました。 私はフィエスタ RS WRCの信頼性とパフォーマンスによって私たちが両方の選手権をリードしているという事実を喜んでいます。 私たちはチームの車に競争力があることを知っていますが、まだ仕事があることもわかっています。そして、ポルトガルで勝利を得るために戦うことを楽しみにしています。」

他のフォードチームについて

M-Sportストバートフォードのデュオ、マッズ・オストベルグとヨナス・アンダーソンは、今日彼らのフィエスタ RS WRCで6位に収まるために、慎重に走ることにした。またチームメイトのヘニング・ソルベルグとイルカ・ミノアは、オープニングステージ後のリエゾン区間で彼らの車のオルタネータ・ベルトを変えなければならなかったが7位を獲得した。ミュンチスフォードのフェデリコ・ビラグラとホルヘ・ペレス・コンパンクは壊れたドライブシャフトで最終ステージをゆっくり走り10位で終えた。 モンスターWRCチームのケン・ブロックとアレックス・ゲルソミノは最終の前のステージで電気系トラブルにより20分を失った後に13位となった。 フォードフィエスタS2000の車たちはサポートカテゴリであるSWRC1回戦における1位と2位を獲得した。ナッサー・アル-アッティーヤとジョバンニ・ベルナチーニはマルティン・プロコップとジャン・トマネクに13.5秒差をつけ家路についた。

【原文】
6.3.2011 - Ford stretches world championship lead at Rally Mexico

Ford Abu Dhabi World Rally Team claimed a double podium in Rally Mexico today to extend its lead in both the manufacturers' and drivers' standings in the FIA World Rally Championship. Mikko Hirvonen and Jarmo Lehtinen finished second in the gravel debut of the new Ford Fiesta RS World Rally Car, 45.5sec ahead of team-mates Jari-Matti Latvala and Miikka Anttila.

The result meant Ford Abu Dhabi extended its lead in the manufacturers' series to 26 points after the second round of the 13 event series. Hirvonen, winner of the opening round in Sweden last month, stretched his lead in the drivers' championship to nine points. He increased his Mexican tally after taking maximum bonus points by winning the final Power Stage. Latvala is third in the standings.

The opening dirt event of the season was punishing. Rocky roads in the Sierra de Lobos mountains near León, 400km north-west of Mexico City, combined with temperatures of 33ºC to take a heavy toll on competitors. Few drivers escaped technical problems, but the Fiesta RS WRCs of Hirvonen and Latvala completed the four-day rally unscathed and a total of three punctures were their only troubles.

Competitors tackled 22 speed tests covering 364.97km over four days. The challenge was made even tougher by the altitude. The roads climbed to more than 2700 metres, and the thinner air deprived cars of up to 20 per cent of their normal power, requiring a different driving approach.

Hirvonen had the first leg disadvantage of opening the roads, sweeping a deep carpet of loose gravel from the tracks. It left a cleaner and faster line for those behind and he ended the day in third. The 30-year-old Finn consolidated his position yesterday and climbed to second this morning when Sébastien Ogier crashed out of the lead.

"It's a great result from the championship perspective, especially considering the disadvantage of our road position on Friday," he said. "After my difficulties last season, I feel I've rediscovered my consistency and that's so important in mounting a title challenge. I knew the roads used in the Power Stage well and those bonus points are a big boost.

"I didn't have the opportunity to fully test some of the parts on the Fiesta before this rally. So I'm looking forward to doing that when we test in Portugal before our next rally there. We still have work to do in improving the car, but it's a hugely encouraging start to the season," he added.

Latvala recovered well to take the final step on the podium after losing two minutes when he stopped to change a rear left puncture on the opening day. The time loss dropped him to ninth but he climbed back to fourth at the end of the leg. A second puncture yesterday proved less costly and the 25-year-old Finn had settled for fourth until he was promoted to third this morning.

"To take a podium after two punctures is more than I could hope for," he admitted. "Our pace improved as the rally progressed and the Fiesta RS WRC felt good all the way through the weekend. I used the same set-up all rally and I was happy with the handling for our first gravel rally in the car. But we can still make improvements, and that's my aim before the next round in Portugal.

Ford Abu Dhabi team director Malcolm Wilson described the result as a 'dream finish'. "We knew this weekend would be tough and to leave Mexico having increased our lead in both the manufacturers' and drivers' championships is perfect. The team learned much about the set-up of our cars. We'll use our next test to try to improve further ahead of the upcoming gravel rounds," he said.

Ford of Europe motorsport chief Gerard Quinn said: "Coming to Mexico off the back of victory in Sweden was difficult. It meant our cars were first in the start order, costing valuable time in the opening leg as we swept the stages for the following competitors. I'm delighted with the reliability and performance of the Fiesta RS WRCs and the fact that we lead both championships. We know our cars are competitive, but we still have work to do and I look forward to fighting for victory in Portugal."

News from other Ford teams

M-Sport Stobart Ford duo Mads Østberg and Jonas Andersson adopted a cautious policy today to claim sixth in their Fiesta RS WRC. Team-mates Henning Solberg and Ilka Minor took seventh, despite having to change their car's alternator belt on a liaison section after the opening stage. Munchi's Ford's Federico Villagra and Jorge Perez Companc finished 10th after limping through the final stage with a broken driveshaft. Monster World Rally Team's Ken Block and Alex Gelsomino were 13th after losing 20 minutes in the penultimate stage with an electrical problem. Ford Fiesta S2000 cars claimed first and second in the opening round of the SWRC support category. Nasser Al-Attiyah and Giovanni Bernacchini led home Martin Prokop and Jan Tománek by 13.5sec.

Next round

The championship returns to Europe for round three later this month. The all-gravel Rally de Portugal is based in Faro on 24 - 27 March.

Final positions
1. S Loeb/D Elena FRA Citroen DS3 3hr 53min 17.0sec
2. M Hirvonen/J Lehtinen FIN Ford Fiesta RS 3hr 54min 55.4sec
3. J-M Latvala/M Anttila FIN Ford Fiesta RS 3hr 55min 40.9sec
4. P Solberg/C Patterson NOR Citroen DS3 4hr 00min 35.4sec
5. M Østberg/J Andersson NOR Ford Fiesta RS 4hr 02min 00.5sec
6. H Solberg/I Minor NOR Ford Fiesta RS 4hr 03min 07.0sec
7. N Al-Attiyah/G Bernacchini QAT Ford Fiesta S2000 4hr 06min 38.5sec
8. M Prokop/J Tománek CZE Ford Fiesta S2000 4hr 06min 52.0sec
9. J Hanninen/M Markkula FIN Skoda Fabia S2000 4hr 08min 05.7sec
10 F Villagra/J Perez Companc ARG Ford Fiesta RS 4hr 41min 34.2sec
スポンサーサイト
2011.03.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://chatterbox555.blog85.fc2.com/tb.php/250-205811ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。