上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
きゃぁーみっこおめでとうおめでとう!!!

あーもうやばい嬉しすぎる、泣くわ、まぢで!

というわけで(?)、みっこがとうとう復活優勝☆を頑張ったのであたしも何か頑張ることにしました。
フォードWRCチームの公式サイト
にて公開されているDay3のレビューがまるまるイベントレビューのようなものなので、これを英語の勉強がてら今年は訳していこうと思います。
とりあえずアブダビのとこだけだけど。
あとキミのは皆様が訳してくれてるしね!
(そしてありがたーくそれを読む)

いや、でも、どうにも英語は英語で理解した方が楽じゃね?派のあたしは英訳というものが苦手で、読んで意味を日本語で説明に近いです。
原文軽く無視してる所多々多々多々;
なので元々の日本語がダメなのもあって表現おかしいかもです。
明らかに意味が違うところがあったらこっそり教えたってください。

で、ではーーー
(続きを読むを押してくださいませ)
▶フィエスタ RS WRCがデビュー戦で表彰台独占

全てが新しくなったフォードの Fiesta RS World Rally Carは、今日のラリースウェーデンにおいて1ー2ー3フィニッシュを達成することによって夢のようなデビューを果たした。WRC2011の初戦においてFord Abu Dhabi World Rally TeamのMikko HirvonenとJarmo Lehtinenは、Mads OstbergとJonas Anderssonからたった6.5秒差というスリリングな勝利を得た。また、ヒルボネンのチームメイトであるJari-Matti Latvala と Miikka Anttilaは3位だった。

フォードが表彰台を独占したのは、ラトバラのWRC初優勝である2008年のラリースウェーデンで彼とヒルボネンとGigi Galliによって始めて達成されて以来である。フォード・アブダビは世界選手権においてマニュファクチャラーで18ポイントのリードをつかみ、ヒルボネンはこの勝利によって自身をフォードのトップドライバーとした。これは彼の13度目の勝利であり、彼の元チームメイトであるMarcus Gronholmの勝利数を越えた。

先立って将来を見据えた構想がなされた。WRCの新しい時代に向けて、1.6Lターボエンジンの四駆マシンで更なるコスト削減と環境対策が発表されたのだ。この新しい規定による新世代のマシンで初日は5人のドライバーが優勝を手に出来るワクワクするようなチャンスを見せた。

スウェーデンの中心地で総計351.00kmにも及ぶ22の高速ステージはドライバーらが争う冬のラリーにはもってこいなものだった。そしてマイナス28℃という寒さで硬く凍結した林道のためにミシュランのスパイクタイヤが提供された。ところが4日間のイベント直前にやってきた猛吹雪によって、先頭走者は後続のために路面を掃除し、速く走れるよう轍を残してやるというハンディキャップを負うことになってしまったのだ。

初日、ヒルボネンはオストベルグより14.8秒遅れという良い位置で終えた。続く二日目は二番手スタートであり、決して理想的なものではなかった。しかし彼はスピンのロスでライバルに15秒をくれてやる前にリードを重ね余裕のアドバンテージを得た。そして一転して新雪の降り積もっていなかった最終日のステージでは、開始時7.4秒だったリードを3連続勝利によって更に広げた。午後のリピートステージではグリップは悪化したが、ヒルボネンは2010年の勝利を繰り返すためにリードを守りきった。

「チーム皆にとって驚くべき週末だったよね。フォードのクルーに囲まれて、12ヶ月ぶりに表彰台の中央に立つのは素晴らしい気分だよ。」と30歳を迎えたフィンランド人は言った。「技術的にこの車は素晴らしかったから、僕は一度もセットアップを変える必要がなかったんだよ。でも車は新しくなってまだ間もないから、僕は今こいつがどういった挙動をするか学習しはじめたばかりなんだ。こいつと僕はこれから一緒に学んでいくんだよ。」

「今朝、道はきれいでスムースだった。午後になると路面が汚れてくるだろうってのはわかってたから、僕は出来る限り懸命にプッシュしたんだ。いつもなら神経質にはならない僕だけど、最終ステージの前にはそういうわけにはいかなかった。オストベルグが凄い勢いで迫っていて、ちょっとのミスが許されるほどのタイム差の余裕は僕にはなかったからね。昨年のような難しいシーズンの後だったから、これは幸先のいいスタートだね。」とヒルボネンは語った。

ラトバラは時折ステージウィンを飾るペースを見せるものの、数回のスピンで雪だまりにヒットするなどし、めまぐるしい週末を楽しんだ。彼は初日を4番手で終えるが、3度のスピンを幸運にも乗り切ったことを認めた。25歳のフィンランド人は二日目の朝は攻め過ぎてリズムを掴めないようだったが、午後には持ち直し44.3秒開いていた差を10.9秒まで縮めた。

しかし彼の勝利への望みは今朝雪だまりにつっこんだ時になくなった。その衝撃でバンパーを壊してしまい彼のマシンのフロントガラスは凍り付いた。そして5番手まで後退するものの、午後の3ステージのうち2つで最速タイムを刻み、からくも表彰台を勝ち取った。「僕の人生でもっとも浮き沈みの激しいめまぐるしいラリーだったよ。だからこそ3位という結果は本当に嬉しい。」とラトバラは語った。

「何度も先頭に近づいたんだけど、その度に雪だまりには邪魔されたよ。午前にはもう表彰台は望み薄だったけど諦めはしなかったよ。戦い続けて僕はこの結果を得たんだ。ようやくほっとしたよ。今朝雪に当てちゃって、フロントガラスは凍るわ、日差しと降雪で霞むわで視界は最悪だったんだ。」とも。

フォード・アブダビの監督であるMalcolm Wilsonはこたびの結果に大喜びだった。「新車で成した達成で私達は夢の様なシーズンのスタートをきった。ミッコは昨年厳しいシーズンに耐えたから、彼がこんなに良い形で2011年を始める事ができて嬉しいよ。ヤリーマティは危ない場面をあったけど、良いペースをで表彰台に乗れるってことを示したね。」

欧州フォードのモータースポーツチーフGerard Quinnは以下の様に語った。「新しいFiesta RS WRCでの始めてのラリーで表彰台を独占することは期待以上のことだ。初期から万全な車であるために何千時間も費やしたので、チームスタッフ全員にとって2011年を記念すべきものにする価値ある始まりだ。」

【原文】

▶Ford Fiesta RS WRC claims podium clean sweep on rally debut

Ford's all-new Fiesta RS World Rally Car made a dream debut by powering to a 1-2-3 finish in Rally Sweden today. Ford Abu Dhabi World Rally Team's Mikko Hirvonen and Jarmo Lehtinen won a thrilling opening round of the FIA World Rally Championship by just 6.5sec from Mads Østberg and Jonas Andersson. Hirvonen's team-mates Jari-Matti Latvala and Miikka Anttila were third.

It was Ford's first podium clean sweep since Rally Sweden in 2008, when Latvala claimed his maiden WRC win and was followed home by Hirvonen and Gigi Galli. Ford Abu Dhabi holds an 18 point lead in the manufacturers' world championship and Hirvonen's victory makes him Ford's most successful WRC driver. This was his 13th victory, edging him ahead of former team-mate Marcus Grönholm.

Eager anticipation built up ahead of the start. New cost-effective, more environmentally aware regulations - based around 1600cc turbocharged, four-wheel drive cars - ushered in a fresh era for the WRC. The first rally for the new-generation cars proved an exciting one with five drivers starting the final day with a realistic chance of victory.

Conditions were ideal for winter rallying as drivers battled over 22 speed tests covering 351.00km in central Sweden. The forest roads were frozen hard by temperatures that dipped as low as -28ºC, providing perfect grip for Michelin's tungsten-tipped studded tyres. However, blizzards on the opening leg of the four-day event handicapped the early starters as they ploughed the roads to leave a cleaner and faster line for those behind.

Hirvonen benefited from a later start position on the opening leg to end it just 14.8sec behind Østberg. Second in the start order was far from ideal in the second leg. However, he took the lead and built up a healthy advantage before a spin handed 15sec back to his rivals. He began today with a 7.4sec lead and, on roads that were remarkably free of loose snow, extended it with three stage wins. Grip was worse when the tests were repeated, but Hirvonen preserved his lead to repeat his 2010 win.

"It was an amazing weekend for the whole team and a fantastic feeling to stand on the top step of the podium for the first time for 12 months, surrounded by Ford colleagues," said the 30-year-old Finn. "Technically, the car was fantastic and I didn't need to change the set-up once. It's early days with the car, but I'm really starting to understand how it behaves now. The car and I are learning together.

"The roads were clean and smooth this morning, and I pushed as hard as I could because I knew they would be dirtier this afternoon. I'm not usually nervous, but I was before the final stage. Østberg put up a great fight and I didn't have enough time in hand for even a small mistake. After such a difficult season last year, this is a superb start to 2011," added Hirvonen.

Latvala enjoyed a roller-coaster weekend, mixing stage-winning pace with several spins into snow banks. He ended the opening leg in fourth and admitted he was lucky to escape unscathed from three spins. The 25-year-old Finn was too aggressive early in the second leg and couldn't find a rhythm, but was transformed in the afternoon to reduce the gap to the lead from 44.3sec to 10.9sec.

His victory hopes ended when he slid into a snowbank on the opening stage this morning. The impact ripped the front bumper from the car and his windscreen froze up. He dropped to fifth, but fastest time in two of the final three stages brought a hard-earned podium. "It was the most eventful rally weekend of my life and, after so many ups and downs, I'm really happy with third," said Latvala.

"I was close to the top of the leaderboard so many times, but then I found another snow bank to hinder me. A podium didn't look likely this morning but I didn't give up, I kept fighting and got my reward. Now I can breathe easily. After hitting the bank this morning, my windscreen froze and the sun and snow dust hanging in the air made visibility so tricky," he added.

Ford Abu Dhabi team director Malcolm Wilson was overjoyed with the result. "It was a dream start to the season and to achieve what we did with a brand new car adds to the accomplishment. Mikko endured a tough season last year so I'm delighted he started 2011 so well. Jari-Matti survived a few close escapes, but also showed great pace and a podium was deserved.

Ford of Europe motorsport chief Gerard Quinn said: "To lock out the podium in the first rally with the all-new Fiesta RS WRC is more than we could have hoped for. It's a rewarding start to our 2011 campaign for every member of the team, which has worked thousands of hours to ensure the car was competitive from the very start."

News from other Ford teams

Second was a career-best result for M-Sport Stobart Ford driver Østberg, who led after the opening leg. Team-mates Matthew Wilson and Scott Martin were ninth, but Henning Solberg and Ilka Minor rolled the team's third car into retirement yesterday. Monster World Rally Team's Ken Block and Alex Gelsomino were 14th while the privately-entered car of PG Andersson and Emil Axelsson was eighth.

Next round

The championship switches to gravel next month for the first of two rallies in the 2011 calendar in the Americas. Rally Mexico is based in León on 3 - 6 March.

Final positions
1. M Hirvonen/J Lehtinen FIN Ford Fiesta RS 3hr 23min 56.6sec
2. M Østberg/J Andersson NOR Ford Fiesta RS 3hr 24min 03.1sec
3. J-M Latvala/M Anttila FIN Ford Fiesta RS 3hr 24min 30.6sec
4. S Ogier/J Ingrassia FRA Citroen DS3 3hr 24min 44.3sec
5. P Solberg/C Patterson NOR Citroen DS3 3hr 25min 27.8sec
6. S Loeb/D Elena FRA Citroen DS3 3hr 26min 26.9sec
7. P-G Andersson/E Axelsson SWE Ford Fiesta RS 3hr 30min 18.6sec
8. K Räikkönen/K Lindström FIN Citroen DS3 3hr 30min 58.9sec
9. M Wilson/S Martin GBR Ford Fiesta RS 3hr 34min 08.1sec
10 K Al Qassimi/M Orr UAE Ford Fiesta RS 3hr 34min 27.7sec
スポンサーサイト
2011.02.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://chatterbox555.blog85.fc2.com/tb.php/249-3902a402
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。